懸賞 2016年 05月 16日 懸賞

f0200871_2273416.jpg

f0200871_2273469.jpg

芍薬・牡丹はいずれもボタン科 
もともとは薬用植物として中国から渡ってきました
 根っ子をお薬にしたけど、花がきれいで江戸時代改良されました
 決定論な違いがあります
 
牡丹は落葉低木、冬の間葉っぱは落ちるが幹の部分は年々太っていきます 
 幹と枝だけになります


芍薬は冬になると葉も茎もなくなる宿根草
二月になると土の中から新芽がでてきます

 芍薬は草ですから、根っ子の肥りがよくて、牡丹の台木を使うよりも芍薬の台木(継木)にした方が効率よく増やせ丈夫に育つそうです

 皆様ご存じでしたか?
牡丹の花が終わったあとに芍薬が咲きます
[PR]

by kimie0102 | 2016-05-16 22:07 | 未分類

<< 続   0517 >>