2017年 04月 18日 ( 1 )

懸賞 懸賞

0418

懸賞 2017年 04月 18日 懸賞

f0200871_10443288.jpg

皆様今日わ

 昨日は父親のお見舞いに行きました。
談話室にて。
86才男性。背骨が2個続きで圧迫骨折寸前。オペしコルセット、リハビリ中。彼は農家(小作人だった)の8人兄弟で育ったため、高校に進学出来なかった。 

農業をしても、お米の三分の二を納めないとならず、貧しくこのままでは結婚も出来ないと言うことで、周囲の勧めで、農家にようしに行った。

 しかしようしだから、名前で呼んで貰えずずいぶん悔しい思いもした。(○○さんとこのようしさん…と言われいじめられたと)
 …略…自分は入院する前に、囲碁将棋、カラオケ、ゴルフなど色々していた。
 だから色々な人がいて、色々なケースを知っている。だいたい70才を越えたあたりから、その人が配偶者にしてきたことが、入院をした時に反映されるとか。

 だいたいの場合、奥様が見舞いに来なくなるらしい。理由は奥様を大事にしてきたかどうか?と、言うことらしい。
 
86才男性は、全くこないわ!と。手術日にも来なかった!と。……(;´Д`)
 (だから?)…一人で歩いたり、トイレ行けたり、最期に迷惑掛けないようにリハビリ頑張っているんだ!と。
 
人と話をしたり、体を動かしたり、新聞読んだりし、今の時事を知ることや若い人との会話が出来ることも大事だと、おっしゃってました。
 
そもそもその方が、私と父親に話掛けて来られたきっかけは、スマホとタブレット端末と、ガラケーの話題をふって来られたことです。86才で、スマホやタブレット端末を知っているとは!なかなか素晴らしい!ことじゃないでしょうか?

 若い娘が顔も見ないで、スマホ(ネット)で知り合った男と会い事件に巻き込まれている、信じられない(;´Д`) と話かけられたのが会話の始まりでした。

 父親は終始沈黙……父親にはあまり刺激的ではなかったのか?判らなかったのか?疲れていたのか? でも、聞こえいたのは確かです。水曜日に退院になりよかったですが。
 人には、いろいろな人生があり、性格があるから、その方々みたいには成れないかも知れないし、別ににりたくないと思う人もいるかとは思いますが…。

さあ、それはみなさんも一日健やかに♡♡♡
[PR]

by kimie0102 | 2017-04-18 10:44 |